不動産投資の情報を公開した情報サイトです。

不動産投資信託(REIT)の特徴

1.配当利回りが高い

不動産投資法人は、配当可能利益の90%超を投資主に分配すると、分配した額に対する法人税が免除されます。そうした仕組み上、不動産投資法人は利益の90%以上を配当することになり、配当に対する二重課税が回避されますので、比較的高い配当利回りが実現します。

2.少額からの投資が可能

一般に不動産に投資するには最低でも数千万という多額の資金を必要としていましたが、REITでは最低投資単位が30万円から100万円程度と小口化されているため、個人投資家でも購入しやすくなっています。

3.分散投資

REITでは個人レベルでは難しい不動産の管理・運営を、不動産と金融のプロフェッショナルである運用会社が多数の様々な不動産に分散投資するため、個別不動産の賃料変動リスクが分散されます。

4.インフレに強い

REITの収益源となる不動産の賃料は通常物価と同じように動く傾向があるため、インフレに強いと考えられています。また、不動産は債券や株式と異なる価格変動をするため、ポートフォリオの多様化にも利用できます。

5.取引所への上場

取引所に上場されることで、上場企業の株式と同様の換金性や流動性を得られます。また、取引所の基準等によりREITの資産や運用状況などについての情報開示が義務づけられますので、透明性が向上します。

recommend


婚活 堺




最終更新日:2021/7/1

Copyright:(c)2008 投資字引. All rights reserved.